2011年 02月 04日 ( 2 )

作品紹介その2

本番で上演する作品を解説する企画、第二弾は「レストラン」という作品です。

この作品は野次馬SENと、野次馬A子の2人しか出ません。
前回の野次馬では、2人だけでやる作品というのは、あまりなかったのですが、今回はそういう2人の関係性で魅せる作品が多くあります。

2人だと関係性がシンプルなので、世界観を楽しみやすいのです。

今回の舞台はレストラン。
野次馬SEN演ずる、強烈なキャラクターのウェイターに、野次馬A子演ずるお客が翻弄されるというシンプルな構造。

演出したのは、私 野次馬朏。
構想自体は4年前からあったのですが、この度形にすることになったのは、あるマイムユニットの影響がありました。

そのユニットとは、マイム界の大御所、本多愛也さんと、同じく小島屋万助さんによる東京黙劇ユニットKANIKAMA

私このユニットが大好きなのです。
このユニットが凄いのは、2人の関係性を明確に作って、その中でマイムを使ってボケまくるということ。
マイムとは思えないほどボケてボケてボケまくります。

そんなKANIKAさんに影響を受けて創ったこの作品
お2人に負けじとボケてボケてボケまくるウェイターと、振り回されるお客にご注目ください!

野次馬にはめずらしくいっさいセリフなしのサイレントコメディ!ご期待下さい!!
[PR]
by yajiuma2009 | 2011-02-04 18:45 | 作品紹介

作品紹介その1

これから本番まで毎日、今回上演する作品についての解説を書いていこうと思っております。よろしくお願いします。


第一弾は、「ムーンウォーク(仮)」という作品

ムーンウォークというのは言わずとしれたマイケルのアレですね
これはパントマイムのテクニックと1つとしてパントマイムでも習う動きです。

今回野次馬では、この動きを使った作品を創りました。
勿論ただムーンウォークをするわけではありません。残念ながら野次馬メンバーは、マイケルの様にムーンウォークだけでみせれるほどの技術はありません。

しかしそれは見せ方の工夫でどうにでもなるのです(勿論スキルアップを目指して技術的な練習は行っておりますが)

今回のこのムーンウォークという作品で見せたいことは別の事。
実はこの作品にはセリフがあります。このセリフが作品の見所となっています。
ムーンウォークの動きはこの場合、セリフに動き的な面白さを加えるための付属品の様な存在なのです。

野次馬はこの様に、一番見せたいことの補助としてマイム技術を使ったり、逆に一番見せたいマイムのシーンのための補助としてセリフをつかったりします。

と、なんだか難しそうな事を言ってしまいましたが、
実際のこの作品はとっても馬鹿馬鹿しいものです。
ムーンウォークを使った動きをしながら、あるものどうしが、せこーーい意地の張り合いを見せる作品
是非その様を劇場にご覧に来てください!!

特に関東人は必見!(?)


http://www.youtube.com/watch?v=TXA8lXA-vL8
にて、稽古中の動画が見られます!


P.S.
タイトル変わりました
[PR]
by yajiuma2009 | 2011-02-04 03:04 | 作品紹介